トップコンテンツ給食・食育今日の給食(8・9月)

コンテンツ

今日の給食(8・9月)

9月30日(金)
ミートトースト、牛乳、コールスローサラダ、さつまいものポトフ

IMG_3274.JPG

今日はポトフの話です。
ポトフは、フランスの家庭料理のひとつで、「火にかけた鍋」という意味だそうです。
ポトフは、牛肉や鶏肉、ソーセージなどの肉類と、大きめに切った、にんじん、キャベツ、たまねぎ、じゃがいもなどの野菜を塩味で長時間煮込んだ料理です。
ポトフは、味付けがシンプルなので、肉や野菜のうま味をしっかり味わうことができます。
給食のポトフは、本来のポトフのように時間をかけて煮込むことができないため、野菜なども小さめに切って早く煮えるように工夫しておられるそうです。
また、煮込み時間が短いと肉のうま味がでないため、ソーセージや洋風だしを加えて味を整えているとのこと。
ポトフは、ひとつの料理で肉や色々な野菜を一緒に食べることができ、栄養満点の料理ですね。
今日もしっかり味わっていただきました!!


9月29日(木)
ごはん、牛乳、かつおの南蛮漬け、のりマヨあえ、いももち汁

0929.JPG

今日はかつおの話です。
かつおは、その名前から「勝つ」という語呂合わせで鎌倉時代、武士たちに人気の魚だったそうです。
みなさんは、かつおには、旬が2回あることを知っていますか?
3月~5月に旬を迎えるものを「初がつお」、9月~11月に旬を迎えるものを「戻りがつお」とそれぞれ呼ぶそうです。
同じ魚ではありますが、含まれている脂質の量が大きく違うので、異なる味わいを楽しむことができるのだそうですよ。
今日は、かつおを南蛮漬けにしていただきました。
かつおの南蛮漬けは初めていただきましたが、とてもおいしかったです!!


9月28日(水)
キンパ風混ぜ込みごはん、牛乳、つくねの甘酢あんかけ、春雨サラダ、五目スープ

9月28日.jpg

今日は「キンパ」の話です。
みなさんは「キンパ」という料理を知っていますか?
キンパは「韓国風のり巻き」のことです。
ごま油で味付けしたごはんと具材をのりで巻いて作ります。
韓国語では「キム」が「のり」、「パブ」が「ごはん」を意味していて、「キムパプ」「キンパ」と呼ばれています。
今日の給食では、のりで巻いてはいないですが、具材をキンパの味付けにし、刻みのりを加えて混ぜごはんにアレンジしていただきました。
給食センターでいろいろな料理を工夫していただき、ありがたいですね!!


9月27日(火)
ごはん、牛乳、豚肉となすの揚げ煮、さっぱりあえ、しいたけとふのみそ汁

0927.JPG

今日は給食センターからのクイズです。
油揚げは、ある食べ物を加工して作られます。
何の食べ物から作られているでしょうか?

① 牛乳  ②大豆  ③魚

正解は・・・

②の大豆です。
油揚げは、大豆から作られたとうふを加工して作ります。
とうふを薄く切って、水をきり、温度を変えて2回揚げていきます。
1回目は低温で揚げ、とうふを大きくふくらませ、2回目は高温で揚げ表面の水分を飛ばし、たいらな形を作ります。
油揚げは油の風味をつけ、コクを加えることができるので、料理を一段とおいしくしてくれます。

今日は、油揚げを使ったみそ汁をいただきました。
油揚げの風味も味わいながらおいしくいただきました!!


9月22日(木)
ごはん、牛乳、枝豆がんもの含め煮、大根サラダ、肉じゃが

0922.JPG

今日はがんもどきの話です。
がんもどきは、「がん」という鳥の肉に似せて作られた食べ物です。
とうふの水分をしぼって、野菜などを混ぜあわせて丸くし、油で揚げて作ります。
肉を食べてはいけないお坊さんが、色々な栄養がとれた上で、肉のように食べごたえのある料理が食べたいという思いで考えられた料理だそうです。
このように野菜や豆腐などの植物性の食材のみで作った料理のことを精進料理といいますね。
今日のがんもには、枝豆やにんじんなどの野菜も入っていましたね!
味がしっかりしみていて、とてもおいしくいただきました!!


9月21日(水)
セルフオムライス、牛乳、ツナと昆布のサラダ、バジルスープ

0921.jpg

今日はビタミンDの話です。
骨を強くする栄養素といえばカルシウムですね。
ですが、カルシウムだけが骨をつくっているわけではありません。
カルシウムが吸収されやすいように働く栄養素や、カルシウムと一緒になって骨をつくる栄養素もあります。
カルシウムが吸収されやすいように働く栄養素といえば、ビタミンDです。
ビタミンDは、きのこ類やツナ、卵などに多く含まれています。
今日の献立は、そんなビタミンDがたっぷり含まれた献立です。
いろいろな栄養素を考えて、幅広くしっかりいただきましょう!!


9月20日(火)
ごはん、牛乳、さけのみそマヨ焼き、ごまあえ、さつま汁

0920.JPG

今日はビタミンCの話です。
夏は紫外線の量が増える時期ですね。
紫外線は骨を強くするのに役立つビタミンDを作る効果もありますが、肌にしみを作ったり、目の病気を引き起こしたりすることもあります。
しかし、紫外線による体への悪い影響を抑える働きをする栄養素があります。
それが、野菜や果物に多く含まれているビタミンCです。
野菜をしっかりと食べることで、夏の強い紫外線から体を守ることができます。
毎日の食事で、しっかり野菜を食べるようにしましょう!!


9月16日(金)
ごはん、牛乳、プルコギ、じゃがいもの中華サラダ、わかめスープ

0916.JPG

今日はピーマンの話です。
ピーマンはもともと種がぎっしりと詰まっていたそうですが、改良を重ねた結果、中が空洞になったそうです。
中身はからっぽですが、栄養満点な野菜で、特にビタミンが豊富に含まれています。
また、青いピーマンは熟すと赤く色づいていき、苦味も消えて栄養価も上がります。
今日は、赤いピーマンの入ったプルコギをいただきました。
それぞれの食材をいろいろな料理でいただけてありがたいですね!!


9月15日(木)
かきたまうどん、牛乳、高野豆腐の磯風味揚げ、ごぼうサラダ

0915-1.JPGうどんの麺をどんぶりに入れて混ぜれば

0915-2.JPGかきたまうどんのできあがり!!

今日は給食センターからのクイズです。
ごぼうは、植物のどの部分を食べる野菜でしょうか?
①根
②茎
③葉

正解は・・・①の根です。
ごぼうは、根を食べる根菜の仲間です。
歯ごたえのある食感は、ごぼうの特徴のひとつと言えます。
栄養面では「イヌリン」という食物せんいが多く含まれていて、その量は、野菜の中でもトップクラスです。
今日の給食では、ごぼうを使って作ったサラダをいただきました。
今日もしっかりいただきました!!


9月14日(水)
ごはん、牛乳、煮込みハンバーグ、きゅうりの酢の物、かぼちゃのみそ汁

0914.JPG

今日はハンバーグの話です。
みなさんは、ハンバーグという料理の始まりをご存じですか?
昔、ハンブルグの港町で働く人々が、固い肉をひき肉にして、やわらかく口あたりをよくするために、卵や玉ねぎ、パン粉を混ぜて焼いて食べていました。
これが、ハンバーグの始まりです。
今日の給食のハンバーグは、給食センターで作ったトマトソースと一緒にじっくりコトコト煮こんだ煮込みハンバーグをいただきました!
とてもおいしかったですね!!


9月13日(火)
ごはん、牛乳、さばの塩焼き、ヘルシーサラダ、沢煮椀、梨

0913.JPG

今日は梨の話です。
梨は、日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうです。
日本の梨には、「赤梨」と「青梨」があるそうですよ。
これは、梨の皮の色で区別され、青梨には「二十世紀梨」、赤梨には「幸水」「豊水」などがあるとのこと。
ちなみに、島根県の隣の鳥取県は、二十世紀梨の生産が盛んですね。
梨の甘味成分や酸味成分は、夏バテ気味の体を元気にしてくれるはたらきがあるそうですよ!
給食でもおいしくいただきました!!


9月12日(月)

ごはん、牛乳、鶏肉のから揚げ、梅の香りあえ、なめこ汁

9月12日.jpg

今日はもやしの話です。
もやしは、大豆や緑豆などの豆から作られます。
豆の種を水につけ、暗いところに1週間くらい置き、発芽させます。
もやしの名前は、若い芽がぐんぐん伸びる様子から「発芽させる」という意味の「萌やす」という言葉からついたそうですよ。
見ためはヒョロヒョロしていて弱いイメージがありますが、植物の芽生えであるもやしは、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルを含んでいます。
学校給食では、緑豆もやし、大豆もやしを料理によって使い分けておられるそうです。
もやしは家でもよくいただく野菜の一つですね!!


9月9日(金)

給食センターの調理の様子を紹介します。

9月9日.pdf (PDF 971KB)


9月8日(木)

給食センターの調理の様子を紹介します。

9月8日.pdf (PDF 477KB)


9月7日(水)

ごはん、牛乳、鶏肉と大根の四川風煮、チンゲン菜のナムル、水ぎょうざのスープ

9月7日 (1).JPG

今日は餃子(ぎょうざ)の話です。
餃子は中国生まれの食べ物で、年越しやお正月に食べるなど、おめでたい食べ物だそうです。
餃子は焼き餃子、揚げ餃子、水餃子、蒸し餃子などいろいろな食べ方がありますね。
今日の給食では水餃子をいただきました。
水餃子は、焼き餃子よりも皮が厚いです。
日本では餃子はおかずとして食べることが多く、一般的に餃子というと焼き餃子が多いですが、本場中国では、水餃子が多いそうです。
中国では水餃子を主食として食べるのだそうですよ。
食文化も国や地域によっていろいろ違いがあって面白いですね!!


9月5日(月)
ごはん、牛乳、豚肉の生姜焼き、切り干し大根のサラダ、しめじとじゃがいものみそ汁

0905.JPG

今日はごはんの話です。
毎日の食事で欠かさずに食べているものは何ですか?と聞かれると「ごはん」と答える人が多いと思います。
ごはんは、日本人の主食として1200年くらい前から食べられるようになったそうです。
ごはんを主食、おかずを副食とし、これらを組み合わせて食べる食べ方を『日本型食生活』というそうですよ。
ごはんは、私たちのエネルギーのもとになる炭水化物だけでなく、体の血や肉を作るタンパク質なども含まれています。
また、味があっさりしているので、どんな料理にもよく合いますね。
給食のごはんは、島根県産のお米が使われているとのこと。
地元の食材をしっかりいただいて、ありがたいですね!!


9月2日(金)
ココアパン、牛乳、じゃがいものソテー、トマトと卵のスープ

0902.JPG

今日は揚げパンの話です。
子ども達に「給食で一番好きなメニューは?」と聞くと、必ず上位にランクインしてくる揚げパン。
パン屋さんが届けてくれたパンを給食センターで高温の油で揚げ、砂糖をまぶして作ります。
今年度、たくさんの人にリクエストされていた献立のひとつだそうです。
みなさんがおいしく食べられるように調理員さんが、暑い中、一生けんめい作ってくださいました。
今日は、揚げパンの種類の中でも人気のココア味でいただきました。
給食で揚げパンをいただけるのはうれしいですね!!


9月1日(木)
ごはん、牛乳、鶏とごぼうの甘辛炒め、塩こんぶサラダ、なすのごまみそ汁

0901.JPG

今日はなすの話です。
なすには色々な種類があり、大きさも20グラムぐらいの小さなものから、500グラムぐらいにもなる大きなものまであります。
なすは夏の野菜ですが、秋になってもまだ採れるなすのことを「秋なす」と呼びます。
秋なすは、皮が少しかたいのですが、小ぶりで、種が少なくてとてもおいしいです。
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがありますね。
これは、「秋にとれるなすは、とてもおいしいので、嫁に食べさせるのはもったいない」という意味です。
しかし、実は、なすには、体を冷やす働きもあるので、大事な嫁には食べさせてはいけないという意味もあるようです。
食べ物にまつわることわざは、他にもたくさんあるので、調べてみるとおもしろいですね!!


8月31日(水)
ごはん、牛乳、さごしの西京焼き、おからサラダ、実だくさん汁

0831.jpg

今日は何の日かご存知ですか?
今日、8月31日は「野菜(831)の日」だそうです。
野菜のことをもって知ってほしい、野菜をたくさん食べてほしいとの想いから、全国青果物商業組合などの団体が8月31日を野菜の日とされたそうですよ。
1日にとりたい野菜の量は350グラム以上だといわれていますが、1回で350グラムの量をとるのはとても大変なので、朝ごはん、給食、夜ごはん、それぞれで野菜をしっかり食べるようにするといいですね。
野菜には疲れをとったり、病気を防いだり、ストレスをやわらげたりと、私たちの体にとって良い働きをたくさんしてくれますよ。
今日の給食もしっかりいただきました!!


8月30日(火)

本日から2学期の給食が始まりました。

今日は給食センターの様子をお知らせします!!

8月30日.pdf (PDF 715KB)

給食センターの皆さん、今学期もよろしくお願いします!!